鉄拳7デビル仁の固有技コマンド全集!コツをつかんで簡単攻略!

デビル仁のコマンド大全

【閃光烈拳】LPLPRP10F確反の3連打。

ガードされると逆に浮かされるので、ヒット見極めは絶対。

【鬼哭連拳】LPRPRP閃光(LPLPRP)よりちょっとだけ威力の高い10F確反。

ダウンは取れないが技後は有利。

【弐門双脚】LPRPLKRKワンツーからの左右踵落とし。

3発目がCHすればコンボ始動、かつ4発目ヒットで大きく有利が取れる。

ガード時の危険性も無いが、返し技を持つキャラからすればとても見切り易い技でもある。

【鬼風門】LPRPRK堅実な10F確反。

ガード時の硬直も軽く、ダメージもそこそこ。

素早く反撃してこない相手であれば牽制にも重宝する。

【裏拳二段】RPRP威力優先の10F確反。

ガードで反撃を受けるが、ヒット検証している猶予はない。

【鋼割り〜膝鋼】6RPLK確かな中段連繋。

ガードされると最速の反撃は許すものの、展開が速ければ事無きを得るかも。

あまり無いが、2段目のみCHすれば白露(【LPRK】)などで追撃できる。

【鬼首落とし】6LK威力高めの上段技。

前進しながら繰り出すのでリーチが長い。

スクリュー誘発技なのでコンボにも組み込む事ができる。

そこそこの火力を生んでくれる。

【走魔輪廻】6RKLKヒット見定めから輪廻に繋げられる望み値高めの技。

ある程度離れた距離で活躍してくれる。

技の特質上、飛んでしまうと如何にあがいても不利な状況を強いられる。

乱発して誘われないよう用心やりたい。

【辻風】6WPかなり威力の高い連繋。

相手のしゃがみや横移し変えを読んだ事例にでも。

壁際での追撃にも役に立つ。

ガードされるとヤバい硬直が生まれそうな佇まいだが、実のところそれほどでもない。

【飛倉】6WK飛び込みに役立つそうな技だが、ガードされるととんでもない事になるので、無闇に頼ってはいけない。

最も適した用法としてはコンボの〆だろうか。

【鬼八門】3LPRP頼れる中段。

素早く出せて反撃も受けず当たれば有利。

相手を固める基軸となる。

【荒魂撃ち】3WPリーチ長めの中段。

バウンド廃止に伴ってなんとなくフィーリングが薄くなった。

CH時はダウンから雷紅斬波(2WP)が確定するので漏れなく追撃を。

【骸打ち】2LPこの技がパワークラッシュになった。

元来は少々体勢が低くなるのを活用して打つ事が出来たが、こうなれば刺し違える前提でぶっこんでいけば良さそう。

【雷紅波】7WP定番のインフェルノ。

実際作でこの技を当てていくのは正直なところ手を焼く。

前作では出来た軸ズラしも出来なくなった模様。